柏崎自動車学校 > 入校のご案内

入校のご案内

入校資格

年齢

普通車
18歳以上(誕生日の3ヶ月程度前から入校できます)
準中型車
18歳以上(誕生日の3ヶ月程度前から入校できます)
中型車
20歳以上(普通免許または大特特殊免許取得後2年以上経過された方)
大型車
21歳以上(中型免許か普通免許または大特特殊免許取得後3年以上経過された方)
普通二輪
16歳以上(誕生日の1週間程度前から入校できます)
大型二輪
18歳以上(誕生日の1週間程度前から入校できます)
大型特殊
18歳以上
普通二種
21歳以上(普通免許取得後、3年以上経過された方)

適性

視力
普通免許・二輪車免許・大型特殊免許を希望される方
両眼で0.7以上、片眼がそれぞれ0.3以上。
(片眼の視力が0.3に満たない方は、他眼の視力が0.7以上で視野が150度以上。)
大型免許・中型免許・準中型免許・普通二種免許
両眼で0.8以上、片眼がそれぞれ0.5以上で深視力が平均誤差2cm以下
※メガネ、コンタクトレンズの使用は差し支えありません。
色彩識別
赤・黄・青(緑)の識別ができる方
その他
視力、聴力などに不安のある方、または、身体の障害のある方は、ご遠慮なくご相談ください。

校則(抜粋)

当校に入校された方は、以下の校則(抜粋)にしたがって教習を受けていただきます

心得
教習生は、運転免許取得を目標に「事故を起さない。」「事故にあわない。」優秀な運転者になれるよう研鑚、努力しなければならない。
服装
教習生は、運転操作に支障がないよう活動しやすい服装をし、下駄やサンダル、ハイヒール等を履いて技能教習を行ってはならない。
二輪車の教習生は、乗車の際、ヘルメット、防具等を着用するとともに体の露出がなるべく少なくなるような服装をしなければならない。
教習原簿等の管理
教習生は、教習を受ける際、教習手帳を持参し、教習を受けなければならない。
教習手帳は教習生が管理し、紛失、破損がないようにしなければならない。また、私物に関しても自己管理または、受付に預けるなどして紛失、盗難のないように注意しなければならない。
教習受講時の注意
教習中は、常に教習指導員の支持に従い安全な運転者となるよう努めなくてはならない。教習時の録音および撮影は禁止する。
また、教習中の飲食及び携帯電話等の使用は禁止する。
教習生の処分等
教習生が次の各号に掲げる行為に該当した場合は、注意、教習の拒否、中止及び退校の処分をとる場合がある。

  • 教習開始時間に遅れた場合
  • 教習終了時間まで教習を受けなかった場合
  • 学科教習中居眠りをし、再三の注意に応じなかった場合
  • 未成年者の喫煙または、喫煙場所を守らなかった場合
  • 校舎内において、教習車両・設備・備品等を故意に破損した場合
  • 喧嘩など暴力行為や脅迫行為、大声を出して騒ぐなど他人に迷惑や恐怖を与える行為を行った場合
  • 病気、その他本人の都合により退校を願い出た場合
中途解約(退校)における注意事項
  • 入校後の中途解約の場合は、入学金の返金はありません。
  • 入学金以外の教習料金については、解約時点における経費を差し引いてのご清算になります。
  • 技能教習における補習料金および検定における再受検料の未収分がある場合は、お支払いいただきます。
  • 技能教習予約をしてある場合は、事前に口頭またはお電話にて取り消しして下さい。事前の取り消しがない場合は、無断キャンセとなりキャンセル料が発生いたします。
  • 規定の教習時間(最短時間)を超えた場合は、延長教習料(補習料金)が発生いたします。
*尚、詳細につきましてはご入校手続き前に本校窓口にてご確認ください。
事故の場合
校舎内外において教習中に発生した物損交通事故の損害等は、本校において負担する。ただし、事故原因が教習指導員の指示に明らかに反する等、教習生の故意または、重大な過失によって生じた場合はこの限りではない。
このページの上部へ